マイホーム購入の際の仲介手数料

ホームへ戻る >  デザイナーズ住宅の選び方  > マイホーム購入の際の仲介手数料

マイホーム購入の際の仲介手数料マイホームを購入するときに支払うのは、物件価格だけではありません。それ以外の諸費用のことも頭に入れて資金計画を立てるようにしましょう。そのなかでも仲介手数料が発生する場合は、業者によっても違いはありますが、基本的に購入金額に比例するものと考えておいていいでしょう。これは新築でも中古でも、業者を介すことで発生するものなのです。直接売主と取引が出来る場合は必要ないケースもあるので、事前に取引をする相手が誰なのか知っておくことも必要になります。


新築物件をマイホームとして購入しようとする場合、売主が住宅を造った会社の場合と、仲介の販売会社の場合とが考えられます。間に仲介業者をはさむ場合は手数料が発生しますが、物件を手掛けた会社から直接買うことが出来る場合は必要ありません。上限として、物件価格の3.15パーセントに6万3千円を加えた値段が設定されています。しかし、基本的に高額な買い物になるので、手数料だけで100万円前後になることもあるのです。

中古物件をマイホームとして購入するケースでは、多くの場合に仲介業者を間に入れて交渉することになります。このケースでは、購入者ではなく売主側が、住宅を建てた会社を代理として仲介に立てる場合もあります。そうした場合は、買い手には手数料が発生しないこともあります。中古でも新築でも、不動産広告の物件概要に取り引き形態の表記がされているはずです。そこで売主が不動産会社なのか、仲介業者なのかを確認するようにしましょう。