リフォームと建替え

ホームへ戻る >  建売一戸建てとは  > リフォームと建替え

建替えとリフォーム、どちらがお得で、どちらが納得のいく住宅を建てることができるのしょうか。だからといって、簡単にどちらかを選ぶことはできませんから、様々な視点から両者を比較してみることが大切だと言えます。

まず、建替えの場合、仮に使える部分があったとしてもすべて壊さなくてはいけなくなりますから、もったいないと感じることもあります。ですが、シロアリや既存住宅の骨となる部分が腐敗しているような場合は、リフォームよりも建替えてしまった方が安心することができます。つまり、既存の住宅のありのままを知ることで、建替えの方がいいのかそれともリフォームがいいのかが決まってきます。


また、大幅に住宅の形を変えたい場合や理想が現在の住宅と合わない場合も建替えがおススメです。リフォームは、既存の住宅から増築や改築を行う事になりますので、ある程度の制限がされることも少なくありません。ですが、建替えなら、新築と同じように自由にプランを決める事ができますし、トイレの位置や玄関の広さ、また階段をリビングルームの中に持っていくなど、大胆なことも可能になってきます。


現在の住宅の確認、そして将来どういった生活をしていきたいのか、どういった生活になっていくのかを考えた上でどちらにするのかを決定していくことが大切です。コストも十分に踏まえて検討していかなくてはいけませんから、家族間で良く話し合って全員が納得できる住宅が建てられるよう工夫をしていきましょう。