二世帯住宅にするきっかけ

ホームへ戻る >  建売一戸建てとは  > 二世帯住宅にするきっかけ

二世帯住宅に住むことになるには、様々なきっかけがあります。それは息子夫婦と娘夫婦によっても差がありますし、親の事情も大きく関わってきます。たとえば、結婚直後から一緒に暮しているならばとくに意識はしないのかもしれませんが、やはり親が老齢化したなどの理由が多くの場合で考えられるでしょう。親の老後を考えて二世帯住宅を検討するというのが、1番多い理由だと考えていいのです。それは親のほうからも望むことが多くあることだとも言えるのです。

そして、息子夫婦と娘夫婦によって差が出る部分としては、始めから親と子が同居するのが普通のことだと考えているのが息子に多いということです。そして、娘の場合は、親が高齢になってから心配して一緒に住みだすことが多いのです。これは二世帯住宅に住む時期にも大きく表れています。息子の場合は、結婚直後から一緒に暮すケースが多いのに対して、娘の場合は結婚してから10年前後に同居を考え始める傾向があるのです。


他にも二世帯住宅を検討するきっかけとして多いのは、子供の成長に合わせたものが考えられます。育児を手助けしてもらえることで、一緒に住むことを選択することもありますし、アパートなどでは手狭になったことがきっかけになることもあります。そして、経済的な面からも、自分たちだけの住居を持つことが厳しいという場合も考えられます。あるいは、建物の老朽化で新築を検討する際に、どうせならば一緒に住もうかと考えることもあるのです。