インターナショナルスクールに通わせる際の注意点

ホームへ戻る > インターナショナルスクールに通わせる際の注意点

賃貸物件のメンテナンス・改装
不動産を貸すときに知っておくこと
一戸建てかマンションか
住宅ローンの審査内容
工務店の種類

子供をインターナショナルスクールに通わせる場合には、親として注意しておくべきポイントがいくつかあります。


最大のポイントとなるのが日本語教育。特に幼児教育の段階から、インターナショナルスクールに通わせる場合に重要になってきます。英語能力を磨くのはよいですが、肝心の母国語である日本語がうまく話せないようでは、子供の教育として大きな問題があります。スクールでは原則として授業はすべて英語となりますし、クラスメートや先生との会話も英語となります。家庭で日本語を話す環境づくりを心がける必要があるのです、日本語の乱れが問題視されている現在、「話せればいい」レベルの認識では困ります。

それから日本の歴史・文化の教育も忘れてはならないでしょう。いくら国際的な感覚を身につけるといっても、やはり日本人としてのアイデンティティは重要です。自分がどのような歴史と文化を持った国に生まれたのか。これも人格形成に非常に大きな意味を持ってきます。基礎的な教養にもなりますから、これも家庭環境のなかでしっかりと学ばせておく必要があるのです。


このように、日本人の子供がインターナショナルスクールに通う場合、スクールのカリキュラムだけでは不十分な場合もあるのです。家庭で時間をかけて取り組むか、別に補習校などに通わせるか。入学させる際にはそのことまで考慮に入れておかなければなりません。英語能力・国際化も必要ですが、まず日本人としてしっかりと成長する環境作りが求められます。