賃貸物件のメンテナンス・改装

ホームへ戻る >  インターナショナルスクールに通わせる際の注意点  > 賃貸物件のメンテナンス・改装

賃貸物件の利用中、定期的に物件の設備を入れ替える、メンテナンス・改修を行うといった場合があります。これは常に最新の状態で賃貸物件を利用できるよう行われるもので、別途追加料金が必要となる、一定期間居住が出来なくなると言った事はほとんどの場合においてありません。仮に追加料金が必要となる場合などでは必ず契約書面にその旨が記載されているはずですので、そちらを確認するようにしましょう。大掛かりな改築などと言ったことはほとんどありませんが、定期的に行われるものとして電気系統のメンテナンス、水道・ガスなどのメンテナンスがあり、こちらは事前に数分~1時間程度、電気、水道、ガスの使用が出来ない旨を伝えられることになります。

賃貸物件、特にアパートやマンションの場合は共同住居となるため、全員が快適に生活できるために必要不可欠なものでもあります。しっかりと建物を管理してもらっており、常に快適な環境を作ろうとしてもらっていると言うことですので、一時的に不便を強いられることに不満があるかもしれませんが、今後のために必要なことですので、嫌な顔などせずお願いするようにしましょう。しかし、スケジュール上都合が悪い場合などは必ずその旨を報告し、メンテナンス日時をずらしてもらうようにしましょう。


また、老朽化や経年劣化などにより、利用者の不備ではなく自然に室内設備が破損したなどの場合は速やかに管理会社に報告を行うことで修理をしてもらうことが出来ます。ほとんどの場合は無料で行ってもらえますが、稀に別途料金がかかる場合があります。これらの詳細は契約前に契約書面の記載を熟読しておく、管理会社に問い合わせるなどしておくようにしたいところです。