工務店の種類

ホームへ戻る >  インターナショナルスクールに通わせる際の注意点  > 工務店の種類

工務店にはその得意とするところや業態によっていくつかの種類が存在します。まずは、昔ながらの大工の棟梁+職人さんという構成で営業されている工務店。地域に密着して長く営業している工務店は昔からのノウハウや技術をしっかり蓄積していますので、スタンダードな住宅を作る場合は非常に頼りになります。極論、施主が何も口を挟まなくても無事完成してしまうという部分すら有ります。ただし、組織のスタイルによっては職人さんの質のバラつき、当たり外れが大きい、会計や費用計算がどんぶり勘定だったり、施工管理がいい加減だったりするなどの問題が出ることもあります。また、あまり奇抜な設計や、基本を外した設計・施工は苦手ということもあります。

既存の建築業務に加えて、設計段階でデザイン性の独自性を売りにしているところもあります。こういう所は自前で建築士資格保持者を持っていることが殆どです。設計で相談しながら、施主の要望を色々入れられるのが強みです。


大手のハウスメーカーなどと提携し、特定の工法に専門化したフランチャイズの工務店も有ります。ハウスメーカーと組んでその工法を使っている分には優秀でコスト対効果も高いのですが、融通が利きにくいという弱点もあります。ハウスメーカーはいわゆる住宅建築に関わる全体をパッケージ化して、商品として販売しているところです。「自然共生住宅」「省エネルギー住宅」「デザイン住宅」などのコンセプト住宅をよく見かけるのはこのタイプでしょう。これに、自前で土地まで購入して建売住宅などを扱うようになると「デベロッパー」という区分になります。大体の工務店は、これらのひとつ以上複数の特徴を持っています。