リフォーム業者の選び方

ホームへ戻る > リフォーム業者の選び方

家は新築と中古のどちらを購入すべきか
建築条件付き土地で注文住宅を建てる際の注意点
一戸建て購入初心者入門
入れ歯の費用を医療費控除で取り戻す
インプラントの治療費

良いリフォーム業者を選べば、同じ予算で質の高いリフォームを行うことができる上、工事が終わった後のメンテナンスも相談できます。業者選びの注意点をまとめてみました。


まず大切なのは、リフォーム業者の営業担当や社長さんと会って施工してもらう会社を決めることです。最近はインターネットで合い見積もりを取るサービスなども発達しており、一度に複数の会社から見積もりを受け取ることができます。しかしメールや電話だけではリフォーム内容の細かいニュアンスは伝わりにくいもの、単に見積もりが安いからといって安易に業者を決めたため、思わぬトラブルに発展することもあります。最終候補に残った業者とは、直接会って、納得のいくまで話し合った上で工事の契約を結びましょう。

施工会社の腕をみきわめるには、過去のリフォーム実績がまとめてある写真集を見せてもらいましょう。会社の施工した住宅の写真に工法、予算などが載っていれば、これからやろうとしている工事にアイデアを活かせます。


建築業許可証を持っているかどうかも知っておけば安心です。500万円以上の工事を行う会社は、この許可証を持つことが義務付けられています。会社の社員に建築士や建築施工管理技士がいれば、専門家の立場から助言を受けることができるので心強いもの、その点の確認もしておくと良いでしょう。


忘れてはならないのが支払い条件の確認です。施工費用の何割をいつまでに支払うのか、工事にかかる前にしっかり確認して文書にしておけば、後から支払いに関して問題が発生した時でも記録が残っているので安心です。