家は新築と中古のどちらを購入すべきか

ホームへ戻る >  リフォーム業者の選び方  > 家は新築と中古のどちらを購入すべきか

家を購入するときには、新築にするか中古にするかという問題があります。これは、建売りか新しく建てるかという違いも含めて検討していく必要があることだと言えるでしょう。中古や建売りならば、事前に実物を下見することができます。現物を見れば、どのような生活をするのかという想像がつきやすいという利点があります。更地から購入する場合は、設計図でイメージすることしかできませんが、そのかわり自分たちの要望などを取り入れたものにすることができるのです。


そして、中古の家を購入する場合には、その値段の安さというのも大きなポイントになると言えるでしょう。同じ大きさのものでも、当然安い値段で手に入れることが可能になります。築年数が新しい場合は、それほど値下がりはしませんが、古いほうがより買いやすい値段となっています。そのような物件を買う場合はリフォーム代を含めた総額を試算して、新築と比較してみるようにしましょう。リフォーム代がかさんでしまうようなら、新しく建てたほうが良い場合もあるのです。

それは、マンションの部屋を購入する場合にも同じことが言えます。住み家として考えるならば、なるべく設備が最新のものを選びたいものです。たしかに中古ならば安いですし、リフォームをすれば新品同様になると言えるでしょう。しかし、それで建物全体の老朽化などの問題が改善されるものではありません。また、古い設備がそのままの物件もあるので、事前にチェックをしておくようにしましょう。