建築条件付き土地で注文住宅を建てる際の注意点

ホームへ戻る >  リフォーム業者の選び方  > 建築条件付き土地で注文住宅を建てる際の注意点

注文住宅を建てる際にはまず土地を購入し、その上で家を建ててくれる建設業者を探すことになります。しかし土地を売買する方式のひとつに建築条件付き土地という形式があります。これはあらかじめ指定した建設業者で工事を依頼することを前提にして、土地を売買する形式です。近年このタイプの取引が増えており、建売住宅に比べて自由な選択ができることで人気を集めています。


つまり、家を建てる際には注文住宅など好きなようにして良いのですが、依頼する工事会社を選ぶことができないのです。自由度の高さが魅力となっている建築条件付き土地ですが、注文住宅を建てる場合には適さない場合もあります。

たとえば指定された建築会社が注文住宅に対するノウハウを持っていない場合。こちらの意見・希望を設計の中に取り入れることができない場合があります。また、自由度が高いといいつつ、建てる際にはあらかじめ用意された間取りプランの中から選択するといった形式をとっている建築会社も多いようです。そのため、建売住宅に近い形でしか家を建てられない場合も少なくありません。


もうひとつ、通常土地の購入から建築請負契約を結ぶまでの期間が設けられており、その期間内に契約が成立しなかった場合は土地売買契約そのものが解除されます。通常3ヵ月に設定していることが多く、十分に検討したうえで間取りや構造を決めたい場合はこの点も注意が必要となるでしょう。


このように、建築条件付き土地で注文住宅を建てる際には注意が求められます。あらかじめ条件が適しているのかどうか確認しておくようにしましょう。