一戸建て購入初心者入門

ホームへ戻る >  リフォーム業者の選び方  > 一戸建て購入初心者入門

一戸建て購入をお考えでしたらまずは様々な疑問が思い浮かぶことだと思います。ここでは一戸建て購入に関して触れていきたいと思います。近年では郊外の庭付き一戸建てや都市部の比較的狭い敷地内での3階建て住宅のニーズは非常に高いといえます。


しかし知っておいていただきたいのは、マンションに比べると不動産取引上のトラブルや欠陥住宅のトラブルが多いということです。大きな買い物ですから失敗は誰でもしたくないものです。しっかり下調べをしておきましょう。

まず一戸建てといえば2パターンあります。新築で購入するか、中古で購入するかです。中古のメリットとしては一般的に資産価値があまり下がらずに安定していることがあげられます。一般的に新築は15~20年程度で資産価値が安定し始め、それからは低減率が低いとされています。すでに実物がもうある点もメリットですし、新築に比べるとやはり物件数が豊富なので場所を選びやすいという点も見逃せないメリットです。


逆に新築は中古物件に比べて住宅金融庫などからの住宅ローン長期設定が可能になることが多いです。長期で返済をお考えでしたら新築の方がおススメである場合が多いということになります。老朽化による修繕費を意識した場合にもやはり新築であることのほうがメリットがあります。


そして一番気になると言っても過言ではない建物自体の耐久性を考えたらやはり断然、新築が有利です。年々、火災や地震に対しての耐久性が優れています。是非、ご参考にしてください。