入れ歯の費用を医療費控除で取り戻す

ホームへ戻る >  リフォーム業者の選び方  > 入れ歯の費用を医療費控除で取り戻す

良質の入れ歯を作ろうと思うと保険適用外になってしまい、費用は安くはありません。しかし、保険適用外でも、確定申告の医療費控除の適用にできる場合があるのです。

健康保険適用+医療費控除:費用負担すくないが入れ歯の質がよくない

健康保険適用外+医療費控除:良質の入れ歯を作り、費用もそれなりに軽減

健康保険適用外+医療費控除適用外:高品質の入れ歯だが、費用負担は増大


歯の治療において医療費控除が認められるための要素はどんなものでしょうか。一般的な水準を超える特殊なものは対象外になります。金やポーセレンは現在一般的に使用されていますので対象として含められています。治療のためにかかった通院費は医療費控除に含めることができます。その場合、交通機関などを利用したときの費用は含められますが、自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代などは対象とはなりません。ローンやクレジットで医療費を支払う場合は、金利や手数料は医療費控除の対象にはなりません。インプラント治療も医療費控除の対象になる場合があります。

医療費控除は一年単位での計算となります。1月1日から12月31日までの年度内に医療費として支払った金額の合計が10万円を超えた場合には、確定申告の際に医療費控除として申告することでその一部が還付されることになります。また、家計を共にする配偶者や家族の医療費も含めることができます。申告する際には領収書を添付しますので、確実に保管しておくことが必要です。歯科治療以外の治療費との合算になります。義歯は高い買い物ですから、費用負担はできる限りおさえたいものですね。