歯の治療で起こるトラブル

ホームへ戻る > 歯の治療で起こるトラブル

子犬をペットショップで購入
注文住宅と各種税金について
賃貸アパートとは
賃貸マンションとは
タッチパネルで楽な操作

歯の治療を途中でやめると様々なトラブルを引き起こします。最初の治療で歯の痛みを抑えてもらったあと、痛みがなくなったらそのまま歯の治療をやめたりしていませんか。歯の治療の中断は、時には大きなトラブルを招きます。


虫歯が進行していて歯の神経を取ったまま治療を中断した場合、後で大きな影響が出てきます。放置されている間に虫歯が進行したり、根の内部が汚れたりして、歯の内部で徐々に状況が悪化していくのです。結果的に歯の寿命が短くなることにつながるので、神経を抜いた歯がある場合は、必ず完治するまで治療を続行しましょう。

なぎさニュータウン歯科のホームページ
http://www.sanokai.com/

初期の虫歯は、すぐに詰め物を入れずに、薬を入れて様子を見ることがあります。穴もふさがり痛みも消えるので、虫歯のことなどつい忘れてしまいがちです。しかし、虫歯に薬を詰めるのはあくまでも経過観察のための措置で、一生そのままで良いわけではありません。内部の虫歯が進行すれば、歯の状態はどんどん悪くなり、詰め物もいずれ壊れてしまいます。初期の虫歯に薬を埋めて治療を行った場合は、痛みがなくても半年に1度は歯医者で定期健診を受けましょう。虫歯が進行してないかどうか確認してもらえるので安心です。


虫歯にかぶせる冠の型を取ったあとで、そのまま長いこと通院しない人もいます。歯の噛み合わせは、数か月で変わることもあるので、しばらく時間が経ってから冠を入れる場合はもう一度型を取らなければ型が合わないこともあります。それでは費用もかさみますし、結果的に治療が更に長期化します。歯にかぶせる冠の型を取ったら、できるだけ早く治療を勧めることがトラブルを避けるポイントです。

葛西 歯科
http://www.sanokai.com/