注文住宅と各種税金について

ホームへ戻る >  歯の治療で起こるトラブル  > 注文住宅と各種税金について

注文住宅は建売住宅に比べて費用がかかります。設計段階から理想や希望を取り入れてもらい、「一品もの」の家を建てるわけですから当然のことでしょう。そのため予算も事前にしっかりと計画しておくことが求められます。その際に重要なポイントとなるのが税金の問題です。住宅を購入する場合にはさまざまな税金が発生するのです。


まず基本となるのが消費税。これは土地の代金を除くすべての代金に対して発生します。建築代金はもちろんのこと、不動産業者へ支払う仲介手数料や、登記関係で司法書士や弁護士に依頼した際の報酬にも発生しますから、5%分を確認しておくようにしたいものです。

それから印紙税。注文住宅の場合は不動産の売買契約書、建築工事の請負契約書などの契約書を作成する場合に必要となります。印紙を購入して契約書に貼り付ける形で支払うのです。費用は取引で発生する金額によって異なっており、たとえば3000万円の場合は1万5000円となります。


不動産所得税も忘れてはなりません。これは建物は固定資産税評価額の3%分、そして土地は1.5%分が不動産所得税として課税の対象となります。税率そのものはそれほど大きなものではありませんが、金額そのものが大きいですから、これもあらかじめ正確な金額を確認しておくべきでしょう。なお、新築で家を建てる場合には軽減措置もあるため、注文住宅を建てる際には内容を確認しておくことも求められます。


ほかにも建物の所有権保存登記や住宅ローンに必要な抵当権設定登記などの登記を行う際に登録免許税がかかります。こうした税金に関する知識も把握しておきたいところです。