賃貸アパートとは

ホームへ戻る >  歯の治療で起こるトラブル  > 賃貸アパートとは

賃貸アパートとは、平屋構造か2階建てになっている共同住宅のことで、木造や軽量鉄骨などの構造になっている事が多いようです。都心部では低層のアパートよりも高層のマンションタイプの方が多いようですが、地方へ行くとアパートが主流となっています。


木造や軽量鉄骨などで建てられているアパートは、セキュリティや防音の面では注意が必要です。高層タイプのマンションなどについているセキュリティ機能がついているアパートはかなり稀ですし、外の騒音で悩まされたり、自分の出す音が隣家の迷惑になる事もあります。賃貸アパートで生活する際には、隣家の事も考えながら生活する事が大切ですね。

ただ、賃貸アパートはマンションを借りる場合と比べると、賃料がとてもリーズナブルなのが大きなメリットです。同じ間取りのマンションを借りる場合よりも家賃が20%以上低く設定されている事も多いので、家賃をできるだけ低く抑えたい人にはおススメのスタイルかもしれませんね。


賃貸アパートには、新築の物件から古い物件まで幅広い築年数の物件が、いろいろな間取りでラインナップされています。築年数が古い物件になると、トイレやお風呂がついていなかったり、共同だったりする事もあるので注意しなければいけません。また、築年数が浅い物件は木造や軽量鉄骨でも機能的な材料で建てられているので、築年数が古い物件と比較すると防音性や断熱性、セキュリティ面なども優れています。家賃を抑えながらも快適な生活をしたい人は、軽量鉄骨で建てられているタイプで築年数が浅い物件を選ぶと良いでしょう。