賃貸マンションとは

ホームへ戻る >  歯の治療で起こるトラブル  > 賃貸マンションとは

「アパート」と「マンション」の違いを定義する事は難しいですが、一般的には3階建て以上の高層タイプの賃貸物件をマンションと呼ぶ事が多いようですね。マンションは賃貸でも分譲でも、鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートで建てられている事が多く、地震などの災害時などにも倒壊のリスクが少なく耐久性に優れているのが特長です。また、防音性や断熱性などにも優れているので、外の騒音や隣家の騒音で悩まされると言うことも、アパートと比べると少ないようですね。ただ、機能的な分だけ家賃は少し高めに設定されているようです。


マンションは規模や間取りなどにもよりますが、通常は分譲として販売されます。その中の一つを購入した所有者がそこで生活しないために賃貸物件として貸している事が多いようです。そのため、同じ共同住宅でも、アパートは入居者のすべてが賃料を払ってそこで生活している人達なのに対して、マンションの場合には、物件を購入した人もいれば、借りている人もいる人もいる事になります。

賃貸マンションはアパートと比べると比較的新しい物件も多くて、間取りもオシャレなものが多いようです。マンションでもいろいろな間取りがあるので、マンションだから必ず広いと言うわけではありませんが、広い物件を探すならマンションの方が見つかるチャンスは大きいかもしれませんね。また、築年数がたった物件でもそれなりに快適に生活する事ができるのも、マンションの魅力です。