販売水の天然水とRO水の違い

ホームへ戻る > 販売水の天然水とRO水の違い

ウォーターサーバーの便利な点
ウォーターサーバーの選び方
水の通販を利用する
歯医者のプローピングについて
お店に並んだミネラルウォーター

販売されている水には天然水とRO水がありますが、これは何が違っているのでしょうか。まずは天然水ですが、天然水は、富士山の地下水、湧き水を採取して、それからろ過したり殺菌処理をしたりして、採取した水に含まれているミネラルなどの成分はできれば、そのままにしておいて天然水が持っている本来のおいしさやミネラルのバランスを調整します。殺菌処理も1種類だけでなく種類は豊富で大きくわければ加熱殺菌も非加熱殺菌もすることができます。こうして不純物を取り除かれた天然で採取された水がボトルに入ったりして販売される水になるのです。

それでは次にRO水ですが、これは逆浸透膜を使って通した水です。逆浸透膜、これはろ過できる膜のひとつの種類なのですが、厳密に言えば違っていますが一般的にわかりやすくいえば、極小さなフィルターのことだといえばいいでしょうか。水以外の不純物を一切通しませんからとてもきれいな水になります。ですがミネラルといった有効成分もフィルターによって取り除かれてしまうのが特徴なので、採取した場所にこだわらなくても全部除去した水なのです。


ですからRO水の場合は大半が水道水を使って、逆浸透膜を通して、水に人工的なミネラル成分を後から加えるのです。ミネラルを加えずに逆浸透膜に通しただけの水、これはピュアウォーターという名前で販売水として宅配されています。これから販売水を選ぶなら、どちらのタイプがいいかしっかり検討するといいでしょう。