歯医者のプローピングについて

ホームへ戻る >  販売水の天然水とRO水の違い  > 歯医者のプローピングについて

歯医者で歯周病の治療をする時に、あなたの歯周病がどの程度進行しているのかを知る必要があります。歯周病の進行度合いを知るために、歯医者ではプローピングという検査をすることがあります。プロープという専用の検査器具があるのですが、こちらを使って、歯周ポケットの深さがどの程度までになっているかを確認します。


プローピングは、一つの歯に対して複数のポイントから計測をしていきます。そうすることで、歯周病がどの程度進行してるのか、より正確に把握することができると言われています。歯周ポケットが深くなっていればいるほど、より症状は進行していて深刻ということになります。

もし歯周病を発症していて、歯茎に炎症を起こしているのであれば、プローピングをすることで歯茎から出血を起こします。しかしこれは、歯医者のミスではなく、プローピングのようなちょっとした刺激でも簡単に出血してしまうほど、患部が充血していることが原因です。


プローピングで、歯周ポケットが2~3mm程度に収まっているのであれば、問題なしと判断することができます。もしプローピングをした結果、歯周ポケットの深さが4mm以上になってしまっているのであれば、歯周病になっていると判断することができます。また先ほども紹介したように、プローピングをすることで歯茎に出血が見られる場合も、炎症を起こしている、すなわち歯周病にかかっていると判断することができます。プローピングの結果を見て、歯周病の治療方針を立てていきます。